OPEN

DIARY

森田りえ子ギャラリートーク

October 27, 2015

 

 

今日は1日フルスケジュール。

 

大好きなお着物でお出かけです。
總屋の色無地で華やかながらも格調高く^o^気持ちがシャンとします。

 

帯は何にでも合わせられる川島織物の袋帯。

 

 

それにしても最近一目惚れして誂えた總屋さんの色無地が、20年近く前のシャネルの色となんともピッタリ!

 

總屋さんの色無地のお色は無限大にあるのに、、最近もこの色を選んだなんて。。

 

 

好きな色って変わらないんですね。
こういったバッグを着物に合わせるのは邪道かもしれませんが、こうやってコーディネートが自分自信ハマるのはやはり嬉しいものです。

 

 

先ずは、銀座の老舗がサポートしている銀茶会へ。

 

ありとあらゆるお茶の流派が一同に銀座通りをジャック!

 

様々な流派のお点前とお菓子が頂けるとあって早くからすごい人!

 

日曜日の銀座は朝から大賑わい。

 

 

 

 

 

 

そして森田りえ子先生のギャラリートークへ。

 

 

 

 

一枚一枚の絵の説明を楽しそうに語る先生。

 

先生の遊び心、茶目っ気に、お客様みんな笑顔があふれていました。

 

描いているのがあっという間な程たのしくて仕方なかったと仰られていました。

 

 

 

 

 

今日のお着物は紅葉に竜田川。

 

 

先生の絵はとにかく美しく、そして明るい。

 

 

ずっと見ていたいと絵に吸い込まれて行きます。

 

 

パワーにみなぎり、こちらもなにかエネルギーチャージが出来ている様です。
人物の筋肉の躍動をそのまま描きたいと仰る先生。

 

自分で言うのもなんですが、本当に私だ!と思うほど、

 

私の筋肉や身体の表情がそのままに描かれていて,驚くばかりです。

 

 

 

 

この子のスイカのスカートから出る足のX脚ぶり!私。笑。

 


宝塚時代の同期生、高遠梓ことまいちゃんも駆けつけてくれました!

 

 

 

 

 

 

今回はとても幸運な出会いに恵まれて、すばらしい作家との創作の時間を過ごす事が出来ました。

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

あくら

| category : アート,きもの |