OPEN

DIARY

Marie Antoinette展

November 9, 2016

 

 

先日ご招待頂き、

 
六本木ヒルズで行われている

 

 

マリーアントワネット展へ。

 

 

女性なら誰でも憧れる世界観。

 

 

でも壮絶なフランス革命に翻弄された悲劇のヒロインとしても知られていますね。

 

 

 

 

 

 

14歳でオーストリアからフランスへルイ16世の花嫁として渡ったマリー。

 

その美貌と気品で、フランス国民の愛情を一気に受けた姫も長くは続きませんでした。

 

 

 

 

宝塚歌劇でも、

 

 
皆さんもちろんご存知のベルサイユのばらで、

 
あまりにも有名な役どころですね。

 

 

 

でもとにかく彼女の世界観は女性の憧れそのもの。

 

 

ドレスから宝飾品、

 

 

日々の生活すべてが

 

 

いまでも愛されていますね。

 

 

 

 

絵画や、宝飾品

いろいろな切り口の展示品で埋め尽くされていました!

 

イヤホンガイドのマリーアントワネット役は

 

われが偉大な先輩

 

花總まり さんによるものでした。

 

 

2001年の宙組のベルばらでは

 

花總さんのマリーアントワネット

 

の少女時代をさせていただきました。

 

 

光栄だったなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

深夜便の出張帰りで寝ぼけ顔してますね、笑笑

 

 

 

 

レセプションパーティーにて。

 

 

フランス大使館関係者、ベルサイユ宮殿関係者と

 

 

まるでパリでのセレモニーのようでした。

 

 

2017年2月26日まで開催されています。

 

 

| category : paris,Party,アート |